渋谷ウエストヒルズクリニックは内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科のクリニックです

受付9:00~12:30/14:30~17:30

休診土曜午後・日曜・祝日

トップ >  オプション検査

オプション検査の
種類と費用

予防医学:「気になること」別の単独検査のご案内

単独検査Ⅰ

1 心電図
不整脈。虚血性心疾患、心筋症などの検査です。
¥1,800
2 胸部X線検査(正面1枚)
肺がんなどの呼吸器疾患、心臓の大きさ、大動脈瘤などの検査です。
¥1,500
3 胸部X線検査(正面・側面2枚)
正面の写真のみでは心臓の陰に隠れてしまう部位を側面でみます。
¥2,200
4 胃透視検査(バリウム検査)
食道がん、胃がん、胃ポリープ、胃炎などをみつける検査です。
¥11,000
5 腹部超音波検査
肝がんや脂肪肝、胆のうがんや胆石、腎がんや腎結石、膵がんなどをみつける検査です。
腹部の充実性臓器5臓器を中心に検査します。
¥5,300
6 肺機能検査
呼吸の状態を検査することで、肺の容量や硬さなどを調べ肺の状態を検査します。
肺活量が80%未満では間質性肺炎や肺線維症など拘束性の疾患が疑われます。
1秒率が70%未満では肺気腫や慢性気管支炎などの閉塞性の疾患が疑われます。
¥2,000
7 血圧脈波検査
上肢と下肢の血圧を同時に測定し、血管年齢(PWV)と血管の詰まり(ABI)を評価します。
¥2,000
8 聴力検査
耳の聞こえ方を調べます。
1000Hz(低音域:会話域)で音の強さ30dB以下の音が聞こえれば正常です。
4000Hz(高音域)で30dB以下の音が聞こえれば正常です。
騒音性難聴(大きな音にさらされる)や老人性難聴では4000Hz(高音域)で聞こえにくくなります。
¥1,100
9 眼底検査
眼底カメラ(無散瞳)眼底を撮影する検査です。網膜を撮影することで、網膜の血管の高血圧による変化、動脈硬化による変化、糖尿病による変化などを調べたり、網膜などの眼のべます。両眼を検査することが基本です。
¥1,000
10 眼圧検査
非接触型の眼圧測定機器を用いて検査します。失明の危険のある緑内障等を調べます。
¥1,500
11 尿沈渣
腎がん、膀胱がん、腎炎などを調べる検査です。
¥800
12 便潜血検査
大腸がんの検査です。2回法(2日分の便を専用容器で採取します)が原則です。
¥1,500

●女性の方に

13 乳房超音波検査
乳がんの検査です。
¥5,000
14 婦人科検査
子宮内診と子宮頸部細胞診で検査します。内診では、子宮口や子宮、卵巣の状態を確認し、細胞診で子宮頸がんの検査をします。
¥5,000
15 HPV検査
子宮頸部の細胞を採取し、子宮頸がんの原因となるヒト・パピローマウイルス(HPV)に感染しているかどうかを調べる検査です。婦人科検査と同時に実施できます。
¥5,000
16 婦人科検査+HPV検査
子宮頸部細胞診とHPV検査を併用することで、前がん病変をより確実に発見することが可能になります。セット料金でお得です。
¥7,000

単独検査のご案内

単独検査Ⅱ(採血検査)

1血液型を知りたい
ABO式およびRh式血液型
¥1,300
2鉄が足りているか知りたい
Fe(血清鉄)、フェリチン(貯蔵鉄)
¥1,700
3更年期の検査がしたい
FSH(卵胞刺激ホルモン)、E2(エストラジオール)
FSH 40mIU/ml以上、E2 20pg/ml以下 で閉経と診断
¥3,400
4骨粗しょう症の検査がしたい
TRACP-5b(骨型酒石酸抵抗性酸性フォスファターゼ:骨吸収マーカー)
TRACP-5b 420mU/dL以上⇒骨折の危険あり
TRACP-5b 760mU/dL以上⇒高度の骨折の危険あり
骨密度が正常でも骨吸収マーカーが高値であれば骨折しやすい状態です。
¥4,000
5リウマチの検査がしたい
RF(リウマチ因子)定量検査
リウマチ患者の80%で陽性です。健常者でも20%で陽性になります。
¥800
6甲状腺の検査がしたい
TSH(甲状腺刺激ホルモン)、T3・T4(甲状腺ホルモン)バセドウ病や橋本病などの検査です。
¥4,000
7糖尿病の検査がしたい
HbA1c(ヘモグロビンA1c) 過去1~2ヶ月間の血糖値の評価で、6.5%以上で糖尿病型と判定されます。
¥950
8息切れが心配
NT-proBNP 125以上で軽度の心不全の可能性があります。
¥1,900
9心筋梗塞や脳梗塞が心配
RLP-C(レムナント様リポ蛋白コレステロール)
健常者で7.5mg/dL以上で梗塞のリスクが高くなります。
¥2,350
10腎臓が気になる
シスタチンC  Cr(クレアチニン)よりも正確な腎機能の評価法です。
eGFRcysを利用し評価します。 60.0以上であれば問題ありません。
¥1,500
11肝炎が心配
HBs抗原 陽性の場合はB型肝炎に感染していることを示します。
HCV抗体 陽性の場合は過去にC型肝炎に感染し免疫があることを示します。
¥2,500
●各種抗体検査
 
12 風疹・麻疹・水痘、帯状疱疹
8.0・16.0・4.0以上で十分な免疫が有ると判定されます。
¥2,600
13 流行性耳下腺炎
4.0以上で十分な免疫が有ると判定されます。
¥2,600

単独検査Ⅲ(採血検査)

●胃がんの発症リスクを知りたい
ABC分類を持ちて評価します。
14 ヘリコバクター・ピロリ抗体
抗体価が3U/ml未満の場合はピロリ菌に感染している可能性は殆どありません。
¥1,300
15 PGⅠ(ペプシノーゲンⅠ)/PGⅡ(ペプシノーゲンⅡ)
胃粘膜の萎縮度(萎縮性胃炎)の評価法です。
正常はPGⅠが70.1ng/ml以上、かつPGⅠ/PGⅡ比が3.1以上です。
上記の検査より胃がんの発症リスクは以下のように判定されます。
A群 ピロリ菌陰性でペプシノーゲン検査が正常:胃がんの発症リスクは低い
B群 ピロリ菌陽性でペプシノーゲン検査が正常:胃がんの発症リスクがある
C群 ピロリ菌陽性でペプシノーゲン検査が陽性:胃がんの発症リスクが上記より高い
D群 ピロリ菌陰性でペプシノーゲン検査が陽性:胃がんの発症リスクが最も高い状態
注)ピロリ菌除菌歴や胃切除歴、プロトンポンプ阻害薬内服中等の方は判定困難です。
¥3,300
16 PSA
前立腺がんの早期発見に有用な腫瘍マーカーです。
注)前立腺肥大症、前立腺炎などでも上昇することがあります。
¥1,800
17 シフラ
肺がん(肺扁平上皮がん)の診断に有用な腫瘍マーカーです。
注)良性肺疾患でも上昇することがあります。
¥1,950
18 CEA
食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆管がん、肺腺がん、乳がんの腫瘍マーカーです。
注)慢性肝炎、糖尿病、長期喫煙者でも上昇することがあります。
¥1,500
19 SCC
食道がん、肺扁平上皮がん、子宮頸がんの腫瘍マーカーです。
注)皮膚疾患や肺結核などでも上昇することがあります。
¥1,600
20 AFP
肝細胞がんの腫瘍マーカーです。
注)肝硬変、急性肝炎、正常妊娠などでも上昇することがあります。
¥1,500
21 CA19-9
膵がん、胆管がんの腫瘍マーカーです。
注)膵炎、胆管炎、胃炎、肝炎、子宮内膜症、気管支炎、糖尿病などでも上昇することがあります。
¥1,800
22 CA125
卵巣がんの腫瘍マーカーです。
注)卵巣のう腫、子宮内膜症、子宮筋腫、腸閉塞、膵炎、胆のう炎などでも上昇することがあります。
¥1,950
23 CA15-3
乳がんの腫瘍マーカーです。
良性疾患での陽性率は10%以下で、乳がんに対しての特異性が高いといわれています。
¥1,700
●アレルギーの検査がしたい
採血検査で実施します。
24 View39
39種類のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を調べます。
対象となるアレルゲンは以下のとおりです。
吸入系アレルゲン(吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因になりやすいもの)
室内の塵:ヤケヒョウダニ、ハウスダスト
動物:ネコ、イヌ
昆虫:ガ、ゴキブリ
樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
カビ:アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コジカビ)、カンジダ、マラセチア、ラテックス
食餌系アレルゲン(食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの)
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉
¥14,500
●がんや生活習慣病・脳梗塞や心筋梗塞になるか心配である。
採血検査で実施します。
 
25 アミノインデックス
AICS(男性5種):胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・前立腺がんのリスクを評価する検査。
AICS(女性6種):胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・乳がん・子宮卵巣がんのリスクを評価する検査。
AILS:脳心疾患・糖尿病発症リスクを評価する検査です。
¥23,000
26 ロックスインデックス
脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを評価する検査です。
¥12,000

ご来院される方へのご注意事項

Copyright All Rights Reserved

03-5459-4015

インターネット予約